ラッピング*ギフトコーディネーター☆フラワーデザイナー麻希の気ままハッピーライフ♪

PUREHEART主宰ラッピング*ギフトコンサルタント・フラワーデザイナー東條麻希です。 山口県を中心にラッピングやお花を通して人とのコミュニケーションを広げています。フラワーデザイナー、マナー講師、カラー&フラワーセラピストなどの顔も持っています。ここではいつもののんびり☆そしてHAPPYな毎日な出来事を書いて行きます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆手術当日②☆

看護師さんから、歩いて行けますか?
と歩いて、また重い銀色の扉をくぐる。

開けたら、手術室と思ったら違ってた
そこにはブルーの手術着を着た人がいそいそいて、左側には手術①、手術②…と4つの部屋があった。
私、1番手前の手術①へ
中に入るとテレビドラマで見る、あのライトと手術台

手術台横に数段の階段があり、自分で上り横になる。

看護師さんに『宜しくお願いします』と言われ『はい宜しくお願いします』と答えたと思う。
★先生も顔出し『頑張りましょう』…と言った様な?
ここからは、かなりテキパキとしていて機械的?でされるがままでした

背中に麻酔をするので、横向きになり背中を丸くする…
この時に両手がめっちゃ奮えてて面白い程ガタガタ奮えてた(きっと怖かったのね
通常これが痛いらしいのだが…私は全く痛くなかった
管が入り、また仰向け(★先生はここだったかも?)

すでにぼんやり、何だか眠い感じ。
手術に確か音楽がかかっていたな…
先生が看護師さんに『あっ最後これ入れるの忘れないで言ってね~』と軽く言ってるのを
『いや人任せにせんで先生覚えててぇ~』…とぼんやりながら思ったのを覚えてます(笑)

頭の方から麻酔科の先生がマスクを出して来て煙り出てたのが目に入った瞬間

パチリと電気を消す様に真っ暗(意識なし)

夢か現実か
誰かに『東條さん?わかりますか?お母様とご主人いらっしゃいますよ!』と言われて、欝すら目を開けたら二人が立ってた様な気がする。

次は、また昨夜自分が寝てた回復室の自分のベッドの場所

ここから、どれがどの順番かわからないんだけど
多分
お母さんが声をかけて来て、旦那様は手を握りながら『いるからね』って言ってた様な?!

後から聞いたんだけど、
母『剛志くん、ご飯か何か食べて来てタバコも吸っておいで』
剛『いや、大丈夫です』
母『麻希まだ眠ったままだろうし、今行った方がいいんやない?』
剛『いや、大丈夫です』

麻希、旦那さんが握っててくれた手を振り払い(笑)
手で行っておいでと、パッパッと払う仕草をしたらしい。
旦那さんは『振り払らわれたぁ~』と思ったとさ(笑)

その後もお母さんが『帰るからね』に、ちゃんと『うん』って言ったのに………全く覚えてませんし

こんな笑い話をしたのは、もぅ5時~6時くらいだったと思う。
お母さんが帰ってからも、きっとずっと傍にいてくれたであろう旦那様に本当感謝です
私は目は覚めてるけど、寝てしまおうと思えば寝れる感じ。
旦那さんと話しをしながら、ずっといて疲れただろうしもぅ帰っていいよ
なんて話しをしてたら…義理母から電話→回復室を出て→戻って来る

何だか、顔が違う
麻希『何かあった?』
旦那『いや、何もないけど、親父がちょっと悪いみたいやから、行って来る』

大丈夫とは口で言うものの焦ってるのがわかる。
義理父は、すでに入院中。

麻希『わかった!気をつけて!焦って運転しないでね!』

そこから、私は看護師さんが1時間毎に体温と尿を見に来たりするし、自動血圧計がしょっちゅう動くし…
足には血栓防止の為に機械をはめられてて
全く動けません
回復室で気になる旦那様の連絡が入る様に、携帯の電波が入りにくいこの部屋で、1番入るところで持ったまま、うたた寝したり起きたりの繰り返し。痛みはある物の背中から入ってる痛み止めも効いてるし、看護師さんを呼んで背中からの痛み止めの分量を増やしてもらうと楽になる感じでした。

夜11時頃にやっと旦那様からメールで『帰って来たよ。大丈夫だから、明日また行った時に話すね』…と
気になる
病院内で怒られる行為ですが、ベッドの上で電話させてもらいました。

義理父は、容態がよくなく明日検査をして悪ければ人口呼吸器を付けると…旦那さんは、ちょうど今日、明日とお休みを頂いていたので、明日は義理父(パパさん)の検査などに付き合ってから、私の病院に来ると……。
何ともタイミングが…。
この日、看護師さんが毎時間来る事もあって、色んな事を考えて、うたた寝はするものの、なかなかゆっくりは眠れませんでした
スポンサーサイト

| 子宮内膜症による卵巣脳腫の体験記 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆手術当日①☆

昨夜の睡眠薬も効いて、朝6時半まで寝てました。

朝起きたと言うのが…
看『東條さん!起きてますか?お名前と生年月日言って下さい』
麻希『あ…はい(眠い)』
名前と生年月日を言うと食い気味で
看『はぃっじゃあ浣腸しますね

麻希さん目が点
いやって言うか目が覚める
言われるがままに…浣腸
でも本当の本当に起きてすぐの、まだ眠い時で良かったかも

看『1分間我慢しましょうね』
我慢させられる
(時計を見ながら看護師さんいるので、トイレ自分では駆け込めない)
はぃじゃあトイレ行きましょう
と扉を開けてもらって付いて行く→トイレ前で
『トイレ流さずにナースコールしてくださいね』とゆっくりめに言われる←多分1分間待って、トイレ行くのも小走りではなく…トイレ前でわざわざゆっくりめに言うのも通算2~3分待たせる為だと思う。

トイレを流さずナースコールに…
物凄いものすっごい恥ずかしい
しかしながら、物体はなく水なので、まだいいかも(すみません

すぐにシャワーに行ってらっしゃい
と言う事で、またまた念入りにシャワー
昨日までしか入れないと思ったのに
時間がまだあるので、かなり綺麗にドライヤー
ベッドに帰るとすぐに看護師さんが手術着を持って来て着替えた。
【ブルーのノースリーブ→なので、パジャマを上からカーディガンの様に羽織ってた】

着替えて少ししたら、旦那様が到着(9時過ぎ)

点滴を開始する。
私は右利きなので、左手に点滴をした。
この針は数日間外さない針…ちょっと針が深くまでで怖かった

回復室にいる他の人も順番に準備している模様。

昨日看護師さん貰い、インタビューの時に説明のあった帽子?と血栓防止の靴下もはく
Pic20098898100.jpg
ちょうどお母さんも来た
お母さんも旦那様も私の姿にちょっと心配そう
なのに、私は空元気
Pic20098898090_20120719173458.jpg
もぅそろそろかな?なんて思ったら『さぁ行きましょう』と車椅子を持って来た

全然歩けるのに、ちょっと照れ臭い

もっと『不安~』『怖いなぁ』とかお母さんや旦那さんと話す時間あると思ってたけど、ほとんどなかった。
車椅子で手術室に向かう間、お母さんと旦那様は後ろから歩いて付いてきてる。
大きな扉の『待合室』だったかな?書かれた中に入ると、本を読んでる人とかいた…本当普通の待合室?
『お母様とご主人はここでお待ち下さい』と言われストップ
不安だけど、二人が心配そうな不安げな顔してる
旦那さんと握手して→バイバイ

そこからまた銀色の扉の中へ…
手術の手前の部屋って感じ。

そこで、羽織ってたパジャマを取り、タオルを肩に掛けられる。
壁に掛けられた電話で内線?『東條麻希さん準備できました』それを聞いていよいよだと緊張する。

→→→→続く

| 子宮内膜症による卵巣脳腫の体験記 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆持ち物☆

入院での持ち物
【書物】
入院申込書、健康保健証、診察券、健康保険限度額適用認定書

【数が必要な物】
パジャマ→私は3着
入院日、術後2日目~退院まで。入院日と術後2日目は、同じのを来ました。
結構、熱を出したり汗をかくので3着は必要だと思います。
また被るタイプより、前がボタンの物がいいです。
私は1枚ワンピース形を持って行きましたが、セパレートでも大丈夫です。

下着→上は2着(ちなみにスポーツタイプ)
下は6枚サイズは、私は下は普通はMサイズですが、ワンサイズ大きいLを購入しましたが…
LLをオススメします

タオル→
バスタオル1枚(枕に使用)
フェイスタオル→7~8枚(私は家での使い古しを持って行き、シャワーで使う度に捨てました)
ハンドタオル→3枚(1枚しか使用しませんでした)

ナプキン→5枚(ナプキンと言うより、おりもの用パンティーライナーのしっかりしたので大丈夫)

【水まわり物】
歯ブラシ、歯磨き粉→動ける様になると暇なので念入りに磨きますよ(笑)

洗顔(泡立てネット)

シャンプー&リンス→手術後すぐは体力がないので、私はシャンプーinリンスを持って行って正確でした。

洗い流さないトリートメント→髪が長いので、シャンプーinリンスはパサつくのでシャワー上がって休憩しながらリンス?!

ブラシや髪どめ→点滴したり管のチューブなど体などにある為、しっかり髪はまとめといた方がいい

【その他】
お箸とスプーン→これは絶対

スリッパ→歩きやすい物と病院からのには書かれてた。私は300均一のクロックス似のやつ…普段から履いていたのを持って行って、何となく持ち帰りたくなくて捨て帰った。

マグカップ→お茶を入れてくれますが、私は自販機でお茶を買っていたので途中持って帰ってもらいました。

ティッシュペーパー→BOXで1つ持って行き、帰り際にはほぼ無かった。

ウェットティッシュ→1袋かばんに入れて持ち歩く物を一つ持って行ってた。まだ動けない時に使用したスプーンや箸を拭いたり、案外使った。

曲がるストロー→ペットボトルに備え付けられるのと、普通のを持って行ったけど、普通のしか使わなかった。

S字フック→3つ
結構役立った着替えで持って帰ってもらうのを吊したり、ちょっとした物をベッドサイドにかけておくのに便利

あめ→水が全く飲めないので、あめを持っていくといいとネットで見たんですが…私の病院では、普通食になるまでダメだった

時計→病室には時計がなくて、いちいち携帯開いて見なきゃいけなかった。でも…まぁ私はいらなかった様な??!

化粧品(化粧水とかコットンなど)→最後の方は暇でパック持って行けば良かったと思った(笑)

メガネ&メガネケース→目が悪い人だけですが…

メモ帳やノート→私は日記を付けてるので、そのノートと別に誰がお見舞いに来て下さったとか細かい事を書き留めるノートを持って行った。
(筆記用具も)

本や雑誌→結構準備してたのに……雑誌1冊と…マンガ本1冊も読めなかったほぼ入院最後らへんしか必要ないかな?

DS→桃鉄を暇な時してた(笑)

携帯電話の充電器

テレビのイヤホン→病院では200円、百均で買うと半額!

【私が便利だった物】
まずはコレ
ドライシャンプーとボディケアデオドラントシャワー (ギャッツビー アイスデオドラントアクア アイスフルーティ)←バスケ帰りに使うのに元々持ってた
Pic20098898230.jpg
ドライシャンプーは、まだ入浴出来ない時に使い、とてもスッキリしました。
ボディケアデオドラントシャワーは、
31bCwRY30JL.jpg
私は副作用で体の痒みが酷かったので(手術当日以降を参照)塗っただけでスースーして痒みも和らぎ、香りも癒された。
続いてこちら
ペットボトル入れ
Pic20098898080.jpg
術後翌日から、飲料だけはOKとなります。
しかし動けない…テレビの棚の1番下に冷蔵庫はありましたが、到底無理

私は、小さなペットボトルを入れ、ストローも入れベッドサイドに置いてました。
Pic20098898200.jpg
なくなると、冷蔵庫から冷たい飲み物を小さなペットボトルに移して…と言う感じ
Pic20098898070.jpg
よかったです

カゴ→これは☆★を参照

A4のファイル→病院でもらうのを全てまとめてたので、そのまま持って行った。

これらを私は、キャリーバックに入れて引いて持って行きました

☆★あとこれまた百均でカゴを買って毎日必要な歯ブラシや箸セット化粧水とか入れて置いてた。(お風呂に行くのも便利だった)
いちいちかばんを棚から出して…って大変なので

準備している時は、旅行行く感じで、ちょっとウキウキしてる自分がいましたよ(笑)
※手記を書く時、何か思い出したら付けたします。

| 子宮内膜症による卵巣脳腫の体験記 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆入院前日~入院☆

入院の前日は、なかなか寝付けないかななんて不安だったんですが…ちょっと頭も痛くて不安がる前に案外すんなり寝てました
基本的に、元々極度の緊張しぃで、何かある前の晩は眠れない人なんですが…
何故か今回は思ってたよりは眠れました(笑)

入院当日(月曜日)
入院初日の夜眠れる様に朝6時過ぎから起床
旦那様も定時で仕事が終われる様に朝早く出勤
とりあえずハグ
それから、私も軽く朝ごはんを食べてクロスの散歩へ
退院しても一時行けないかもしれないから…
帰宅して、家の中や持ち物のチェック
【入院の持ち物→→→→
病院からblogがアップ出来ないだろうと、いくつか下書きしていたものもチェック
最終的に片付け的な事をしてたら、もぅ10時前
クロスにいつもの様に普通に出掛ける感じで家を出ました
母親と一緒に病院へ
病院には10時45分までに到着

まずは産婦人科→麻酔科
ここで母親と一緒に手術時の麻酔について説明をされて、更に明日の手術時間も告げられました。

明日の手術は『午前10時半』
それからまた産婦人科に行き書類が揃うまでお昼に行って来て下さいと追い払われ?(笑)
仕方なく母親と病院の食堂で食事
食後1時頃産婦人科に行き今度は病室に案内されます。

病棟に上がり『ここでおかけになってお待ち下さい』と今度は病棟看護師とバトンタッチ

身長と体重を量ってから
案内されたのは、普通の病室ではなく、銀色の扉の向こうの更に向こうの『回復室』
ナースステーションの真隣4つ程ベッドがあったかな?
自分では出入り出来ず、いたいち看護師さんを呼ばなきゃいけないから、ちょっと面倒

私は、持参して来たパジャマに着替え、数日しかここにいないので、必要な物だけをキャリーバックから出して準備
看護師さんから、リストバンドを付けられる。
お母さんは、テレビカードとお茶を買って来てもらって、何もする事ないので帰ってもらった。
私は、何だかワクワクする様な
不安な様な怖い様な
でも、そんなにぼーっとする暇もなく次々と色んな人が来て説明

途中、主治医の先生も来て挨拶
緊張してベットに座り直したのに
『変わりない
私『はい』
主治医『じゃあ後で診察しますね

最後の診察があるんだ~

雑誌を読んだりテレビを見たりする余裕な時間もなく、私は日記(ノート)を書いたり、体験記の為のメモを取ったりが精一杯なくらい入れ替わり立ち替わり人が来ます。

説明とは別にインタビューかと思う問診(笑)
今までの病気、体の事から心の事、それはストレスがある時の解決法や悩み事があった時の行動、それから細かい家族構成や、1番頼りになる人、毎日の食事の回数やトイレの回数(←わからなかった)運動をしているか
他には、一応何かあった時に告知して欲しいかどうかなど、とにかく細かいインタビュー(笑)

それが終わって、ちょうど先生の診察

病棟のナースステーション隣に診察室があります。(外来の所まで下りると思ってた

診察の前に…
毛の処理
恥ずかしいったらありゃしない
でも、電動のでザっザっとするだけですぐでした。

その後、先生の内診
私はこの内診が『恥ずかしい』とか『嫌』とかじゃなく、その前に『痛い』んです。
椅子に座り、両サイドの手すりを掴み、体をくねらせ痛みを我慢する程
痛みに耐えながら、先生から『右側の卵巣も腫れてるのも変わりないですね、明日頑張りましょう』と言われ、診察は終了

またベットに戻ると、6時前にシャワーが回って来たので、準備して初の病院でのシャワー

ちょっと潔癖な所があるので、不安ながらに入ってみると…

まぁ広い(笑)
流しが二つに小さな浴槽でミニ銭湯
明日からは、数日洗えないと思って髪も念入りに洗いました。
自分のお腹を見て、もぅ次見る時には傷があるんだなぁ…と、ちょっと悲しい気持ちになりました。
シャワーから上がり、ドライヤー室でドライヤー(シャワーは、順番があるので上がり次第カードを回して、ドライヤーは別室でしました)

少し髪を乾かしてベットに戻ると(6時半前)夕食と一緒に旦那さんもいました(笑)
パジャマ姿の私と病院のベットで会うと言う、何だか異空間で、お互い何だか変な感じでした。
私だけ食事するのも悪い気もしたけど、いつお盆を下げに来るのか全く解らなかったので、一人で食べさせてもらいました。
夕食
『ご飯』『魚』『みそ汁』『キュウリとワカメの酢の物』
Pic20098898050.jpg
あまり…美味しいとは言えなかったけど、食べておかなきゃと言う思いで食べました。

回復室は、普通の病室よりも狭く、私以外に人もいる為、話ずらいし
私自身まだ普通に元気なので、売店に行ってみたくて二人で行き⇒病棟の談話室へ

何だかやっぱり変な感じ

旦那さんは、当たり前ですが、仕事帰り着のままだし何だか気になって… あと10分したら帰ってね
なんて話していると私のお父さん
※詳しくは2010年8月19日のblogへ→
一応、手術する事は数日前に伝えてはいたけどびっくり
旦那さんいる時でよかった~(会話しずらい)
会話は数分あったかどうかでしたが
ありがたい
一旦回復室へ戻り、旦那さんともバイバイ
あ~不安だし淋しいし
何度かメールしながら、夜11時半頃に談話室に出て電話
(ちなみに消灯は10時)

旦那『眠れそうか?』
麻希『う~ん…』
旦那『眠らんと明日しんどいんやないか?』
麻希『0時から水もダメだから睡眠薬もらおうかな…』(食べ物は9時まで、飲み物は0時まででした)

と言う事で、電話を切って回復室に戻る時についでに看護師さんに睡眠薬が欲しいと言う
(看護師さんに開け閉めしてもらう為)

すぐに貰って、0時前ぎりぎりに飲む

びっくり
10分以内には寝てました
睡眠薬恐るべし
私は、数年前まで心療内科で『PTSD』『パニック障害』などのお薬を服用し、睡眠薬も飲んでたので効かないのでは?と思ってました…
強めの薬だったのか、あっという間でした。
不安な方は、睡眠薬を頂くのも全然一つの方法だと思います

【次】手術当日(入院2日目)→→→→→

| 子宮内膜症による卵巣脳腫の体験記 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆手術前の検査達☆

手術前にMRIを取ったり様々な検査をしました。
MRIは、初めてでしたが、筒状の中に入って行くあの検査です。
CTとは違う所は、物凄い音がする事

ヘッドフォンを付けられ音楽が鳴っているにもかかわらず『ガガガガがっシャッシャッ』
などお腹を輪切りにされてる感が物凄いありました(笑)
とにかく、工事現場の中にいる様に音がすごかった。
具合が悪くなった時には、ナースコールの様なボタンがあるので、大丈夫です。

20分くらいかな?筒状の中にいて、終わったのかな?と思ったら、次は『造影剤を入れての撮影』看護師さんが、大きな注射を持って入って来ました
腕から、ゆっくり造影剤を入れてまた撮影

全部で1時間ほどかかりました。(こんなにかかると思って無かった)

他にも血液検査などありました。

皆さんが一番気になると思います。
精密検査までの病院での金額・・・

個人病院での紹介状・・・1560円
初診として総合病院での診察・・・6120円
血液検査などの軽い検査・・・・1740円
MRIなどの精密検査・・・12590円
その後の検査&受診・・・740円

もちろん病院によっても異なると思います。何となくの参考にしていただければと思います。
私は・・・毎回口から心臓が飛び出るくらいびっくりしてました(笑)
ちなみに毎回1万円はもって行くようにしていたのに・・・全然超えます
カードで支払うことにドキドキ
まずは病気よりお財布が具合悪くなりそうでしたぁ

【次】入院前日~入院→→→→→

| 子宮内膜症による卵巣脳腫の体験記 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。